財布の底をいくらたたいても1円もお金が出てこないとき、以前の私であれば絶望の淵に立たされたような気分になっていたものですが今はちょっと違います。

消費者金融のキャッシングを利用してバイト代が出るまでの間に必要な当面のお金を借りられるようになったからです。

バイト代が出る前の財布の中身が尽きてしまったとき、1万円を借りられるか借りられないかは大きな違いがあります。

友人から借りるのは気がひけてしまいますが、消費者金融のキャッシングであれば人間関係が気まずくなるなどの心配する必要はありません。

コンビニのATMやスマホを利用して必要なときに気軽にお金を借りることができるのです。

ちなみに私はキャッシングを利用するときはコンビニのATMは利用せず、スマホで手続きをして自分の銀行口座に借りたお金を入金してもらうようにしています。

その方が手数料がかからないのでお得なのです。

多少の差ですがコンビニのATMを利用すると1回たり100円程度の手数料がかかりますので、銀行の口座に入金してもらったほうがキャッシングを安く使うことができるのです。キャッシングの利用ができるからといって私のお金が増えたわけではありません。それでも必要なときにお金を借りられるのは本当に助かります。

私にとってキャッシングは暗夜の灯のような感じがしています。