カードローンの返済方法は、主にリボ払いとなっています。クレジットカードの返済でも、最近、よく耳にするリボ払い。そんなリボ払いと勘違いされやすいのが分割払いとなります。

しかし、この両者には大きな違いがある為、カードローンを利用する際は、違いを知っておく事が大切です。まず、分割払いの場合、10万円の返済において、自分自身でその10万円を何回に分けて返済するか決定します。例えば、5回で返済する場合は、毎月2万円プラス利息の返済となります。

一方、リボ払いの方は、先に毎月の返済額を決定し、返済していく方法になります。その為、月2万円の返済と決めておけば、いくらカードローンを利用しても、返済額は月に2万円となります。今月、10万円、来月5万円、カードローンを利用しても返済額は毎月2万円なのです。

その為、一見、返済に困ることなく便利なように思えるリボ払いですが、毎月手軽な返済額を設定する事ができるため、その分、使いすぎてしまうと事が多くなってきます。カードローンの場合、一度、審査を通過し、カードを持つ事ができれば、限度額内なら、いつでも、いくらでも利用可能となっており、そういった点でより、使いすぎでしまう事が考えられる為、注意が必要です。